明石海峡スポット|明石ジギング鯛ラバで今日も大量旗を掲げよう。

明石海峡スポット

うみねこ

明石にはジギング船に乗らなくともたくさんの釣りスポットがあるのをご存知でしょうか。特に初心者であれば今から紹介させていただく「サビキ釣り」から始めることをオススメいたします。ファミリーフィッシングの定番と言ってもいいでしょう、このサビキ釣りとはカゴにコマセエサと言われる魚を寄せてくるエサを使い、寄ってきた魚を疑似餌針といったもので釣り上げる方法。
勝手に疑似餌針に魚が引っ掛かってきますし、また魚もアジやイワシ、サッパ(ママカリ)など小さめの魚を釣ります。また、投げ釣りとは違い遠くに投げる必要がないので子供にもでき人気です。
このサビキ釣りであれば、ジギング船に乗らなくても海であればどこでもできます。ただ、魚がいる場所いない場所があります。実は魚はある一定のルートを回る習慣があるのです。なので、魚がほとんど来ない場所で糸を垂らしていても一向に釣れることはありません。ですので、ちゃんと釣りに行く前には釣りポイントを確認したうえで実践してみましょう!
明石の有名スポットはいくつかあります。大蔵海岸西側や明石海浜ベランダなどネットで掲載されている場所を狙っていくのもいいでしょう。ですが基本魚の行動は早朝か夕方。真昼間のおテントウさまが私たちを見下げている時間帯に釣るのはなかなか難しいでしょう。よく父親に「魚は人間と同じ。お昼は基本的に遊びに行くか魚の学校か仕事に行ってるから、朝か夕方のお腹が空いている時間に合わせろ。俺たちが投げているエサは、学校や仕事の帰り道においしそうな店があったら行ってしまうのと同じ。いかにおいしく、またよく見せて食べたいと思わすかが重要だ。」と言われました。確かにその通りなんです。いかによく見せるかも重要で、そこをちゃんとすれば魚は釣れます。
こんな奥の深い遊びはないと思っています。魚と人間の心理戦。あなたも挑戦してみたいと思いませんか?

Copyright © 2017 明石ジギング鯛ラバで今日も大量旗を掲げよう。 .